良い 外壁塗装業者 を知ってますか?
価格的な 相場や工程 知ってますか?
分からない方は 駆け込み寺 さんに相談することをオススメします!

外壁塗装業者の選び方を教えます。

 当サイトを上から下までざっと流し読みするだけで、悪徳外壁塗装業者に騙される確率はグッと減ると思いますので、5分~10分程度お付き合いくださいませ。たった10分で数十万円、もしかするとそれ以上の損を回避する可能性があります

このサイトに書いてあること

1.外壁塗装の塗料と耐久性について

 塗料の種類とその耐久性について系等別に紹介しています。これを知っていれば塗料を選ぶときに色々と悩めるかと思います^^

2.外壁塗装をするタイミングについて

 ざっと外壁材別に年数を書いていますが、全てがこの数値で大丈夫というモノではありませんので、参考程度にお考えください。

3.外壁のメンテナンスについて

 外壁のメンテナンスについて簡単に紹介しています。まずは外壁の兆候などを知るところから始めましょう。

新常識、教えます

1.外壁塗装の塗料と耐久性について

外壁の塗料の入れ物

 外壁塗装に使われる塗料の種類と耐久性についてみていきましょう。

 アクリル樹脂系塗料:種類が多く、比較的安価な塗料
 (耐用年数:3~5年)

 ウレタン樹脂系塗料:比較的安く、防汚性、施工面に優れています
 (耐用年数:5~7年)

 シリコン樹脂系塗料:価格と機能のバランスが良く、安価な物と比べると耐久性に優れカラーバリエーションも豊富です
 (耐用年数:7~10年)

 フッ素樹脂系塗料:塗膜の寿命が非常に長く、ツヤ消しが可能。表面を親水性にすると雨筋などの汚れを防ぎ、美しさを保つことができる
 (耐用年数:10~15年)

 無機塗料:ガラスを塗料に混ぜ、超耐久性を実現させた塗料。劣化が激しい所に使用される
 (耐用年数:10~15年)

 ピュアアクリル塗料:高耐久性・高弾性を持ち、防水性に非常に優れた塗料。塗り替え等にかかる生涯コストの大幅削減が可能
 (耐用年数:10~15年)

 光触媒塗料:塗るだけで、自然の力で綺麗になるセルフクリーニング効果がある
 (耐用年数:10~15年)

2.外壁塗装をするタイミングについて

外壁塗装

 部位(素材)別のメンテナンスサイクルとしては、以下の通りです。

  • 外壁(吹き付け):6~10年
  • 外壁(サイデイング):10年
  • 外壁(ALCパネル):10年
  • 屋根(カラートタン):5~8年
  • 屋根(スレート(コロニアル)):10年
  • 木部:3年
  • 鉄部:3年

 同じ建物でも日当たり等面によっても劣化の進行度が異なりますし、風通りや湿気のこもり易さ等状況によっても異なります。塗膜の劣化は以下の5つの順序で起こります。1.艶が落ちてくる2.色の彩度が落ち変色してくる3.表面が粉っぽくなってくる(チョーキング現象)4.ひび割れ、コケが生えてくる5.塗膜が剥がれてくる早いに越した事はありませんが、4の段階以前が最適です。鉄部や木部は劣化が早いので、自分で補修塗装する事で費用をかけず長持ちさせる事にもなります。

3.外壁のメンテナンスについて

外壁メンテナンス

 一戸建ての場合は外壁の事を気にする必要があります。自分でできる簡単な外壁判断方法を紹介します。

 チョーキング:外壁を手で軽くこすった時に、チョークの粉のようなものが手に付着していると劣化のサインとみて間違いないです。外壁の崩壊の初期症状なので、放置すると重大な問題を引き起こす可能性があります。

 ひび割れ(クラック):かなり深刻な状態と考えられます。チョーキングより深刻な状況で、一刻も早く外壁のリフォームをした方が良いです。

 カビや苔の付着:日当たりや風通しが悪い場所に見られます。放置しておくと外壁の下地にまで根が張り、水の浸入を許すことになります。早期に問題を発見する為にも、目視で構わないので外壁は毎日チェックするようにしましょう。日常のお手入れには、手間は掛かりますが、長い柄の先端に固めのスポンジ等を取り付けて地道に汚れを落とすようにしましょう。

外壁塗装業者は 選んでもらう というのが新常識です。
自力で選ぼうとすると 悪徳外壁塗装業者 に引っ掛かるかもしれません。
自分で選ぶことは もはや時代遅れ なのです。

外壁塗装駆け込み寺

 外壁リフォーム、相場などのキーワードで検索して見つけたサイトなのですが、自分の住んでいる電話番号とリフォームした家の坪数を入れるだけで、屋根や外壁のリフォームの適性な相場と、おすすめの業者を紹介してくれるサイトです。

 2015年時点で紹介件数10万件突破とのことですから、ただWebページを開設しているだけでなく、外壁・屋根のリフォーム業界のタウンページを提供してくれているような存在です。対応している地域も、北は北海道から南は沖縄までという手広さとのことで、今まで知らなかった自分としては、びっくりです。

 駆け込み寺で外壁塗装の相談をする!

※必要事項を入力後、無料診断をする!をクリックすると見積もりシミュレーションが表示され、営業時間内であれば1時間以内を目安に駆け込み寺さんから電話がかかってきます(営業時間外なら翌営業日)。そこで外壁の状態や不安なことを相談すると良いと思います。駆け込み寺の専門スタッフの意見を参考にした上で、外壁塗装業者に見積もりをしてもらうかどうかを考えてください^^



自分で探したい方へ

 どうしても自分で探したいという方はこちらからどうぞ。熊本にある外壁塗装に関連した会社をたったの4社だけですが、ネット検索してピックアップしてみました。当サイトがオススメしているというわけではなく、16年1月末時点で検索でヒットした業者さんを紹介しているだけです。

会社名 株式会社グレロホーム
住所 熊本県合志市豊岡2000-2140
ホームページ http://www.grelot-home.com/
一言メモ 自社の職人による施工にこだわりをもち自社完結を実現しているので、施工価格を抑えられる点が魅力の会社です。高品質のサービスをモットーとしており、安心して相談できる会社といえます。
会社名 エムズ創建株式会社
住所 熊本県熊本市坪井2丁目5-11
ホームページ http://emuzu-1.com/
一言メモ 熊本県を中心に展開しており、見積り・色決め・近所挨拶・足場組・施工・後片付け・集金・アフターケアまで完全自社施工を実現している会社なのでおすすめです。
会社名 有限会社スキザキ塗装
住所 熊本県熊本市東区戸島西1丁目28-6
ホームページ http://sukizaki.co.jp/
一言メモ まず、熊本県の気候に合わせた外壁塗装を行っているところがきめ細やかな対応で気に入りました。アフターフォローや工事中の対応についても信頼がおけそうなのでお勧めです。
会社名 有限会社ふじ美塗装
住所 熊本県熊本市北区龍田8丁目14-7
ホームページ http://fujimitosou.com/
一言メモ 親子二代で塗装職人をされており、46年の実績があるので技術は確かです。地域密着でご兄弟でやっておられるので細かな気配りが丁寧な仕事が期待できます。

探しきれないと感じた方はこちら

 ここまででたったの4社なんですが、熊本県にはもっとたくさんの外壁塗装を取り扱っている工務店やリフォーム業者があります。他にも良いところがあるかもしれませんし、お安いところがあるかもしれません。やっぱり探しきれない・・・っと、感じた方は外壁塗装駆け込み寺さんに一度相談してみてはいかがでしょう??。

 匿名で相談してみる!
Page top icon