良い 外壁塗装業者 を知ってますか?
価格的な 相場や工程 知ってますか?
分からない方は 駆け込み寺 さんに相談することをオススメします!

外壁塗装業者の選び方を教えます。

 当サイトを上から下までざっと流し読みするだけで、悪徳外壁塗装業者に騙される確率はグッと減ると思いますので、5分~10分程度お付き合いくださいませ。たった10分で数十万円、もしかするとそれ以上の損を回避する可能性があります

外壁塗装駆け込み寺

 外壁塗装業者は自分で選ぶよりも選んでもらう方が無難です。外壁塗装駆け込み寺さんなら無料で優良業者さん最大3社まで見積もり依頼をすることができますので、新潟の業者選びに悩むのであれば、相談することをオススメします。

 必要事項を入力すれば、1時間以内を目安に向こうから電話をかけてきてくれますので、そこで細かいことを相談すると良いですよ^^

 駆け込み寺で外壁塗装の相談をする!

※必要事項を入力後、無料診断をする!をクリックすると見積もりシミュレーションが表示され、営業時間内であれば1時間以内を目安に駆け込み寺さんから電話がかかってきます(営業時間外なら翌営業日)。そこで外壁の状態や不安なことを相談すると良いと思います。駆け込み寺の専門スタッフの意見を参考にした上で、外壁塗装業者に見積もりをしてもらうかどうかを考えてください^^

以下、このサイトに書いてあること

1.外壁塗装の塗料と耐久性について

 塗料の種類や特徴、それぞれの耐久性や性質なんかを簡単に紹介しています。やや難しいところではありますが、耐久年数くらいは知っておくと騙されにくくなると思いますよ^^

2.外壁塗装をするタイミングについて

 外壁塗装は塗料の種類によってタイミングが異なるのですが、外見的な部分からでもある程度判断はできます。

3.外壁を塗り替える理由

 外壁を塗り替えないからといってすぐに建物が壊れるようなことはありえません。が、長期的に考えると外壁塗装は家の骨組みを守っている一番外側ですので、塗り替えておかないと中身を蝕むことになってしまいます。

外壁塗装の豆知識的なもの

1.外壁塗装の塗料と耐久性について

外壁塗装の塗料

 外壁塗装の塗料はアクリル・ウレタンなどの樹脂に溶剤・顔料・添加剤を混ぜて作られています。塗料は使用されている樹脂によりその耐久性が異なります。

 フッ素樹脂塗料は耐久性が高く20年程もちます。次にシリコン樹脂塗料で15年程もちます。ウレタン樹脂塗料は10年、アクリル樹脂塗料は5年ほどもちます。

 また塗料の性質によっても種類があり、一液性と二液性があります。一液性は塗ると混ざっている溶剤が揮発して塗料が硬化し造膜します。二液性は二つの種類の塗料を調合することで化学反応を起こし硬化します。同じ塗料でも一液性か二液性で耐久性が違ってきます。二液性のものが耐久性が良いといわれていますが手間がかかるので、一液性の方が使われることが多いです。

 外壁塗料は紫外線、雨水を浴びると劣化します。劣化の状態というのは、樹脂と顔料が分離して顔料が表面に出てきてしまう状態です。 家の外装の塗り替えでは一般的にシリコン樹脂塗料が最も多いです。最近では特殊系塗料や超耐久性塗料という耐用年数20年以上の無機系塗料というものあります。

2.外壁塗装をするタイミングについて

外壁塗り替え作業中

 外壁塗料は屋根材や外壁材を雨や紫外線から守る薄い塗膜を形成します。この塗膜には塗料の種類によって5年~30年の寿命があります。塗膜が劣化してしまうと外壁材が直接雨や紫外線を受けてしまい、構造体の劣化につながります。そのため塗膜の寿命に応じて外壁材の塗り替えが必要となってきます。

 どのような塗料が使えわれているか分からない場合は目視で塗り替えが必要かどうか判断することができます。チョーキングという現象があり、この現象が起こると塗り替えた方が良いと言われています。チョーキングとは塗装表面が紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって表れる現象です。汚れてもいないのに白く粉が吹いている状態を見つかたら塗り替えた方がよいということです。

3.外壁を塗り替える理由

外壁の塗り替え

 外装を塗り替えなくても家が壊れることはありませんが、外壁塗装は外壁を守っている存在なので、風化してしまうと紫外線や雨風に今度は外壁そのものがさらされてしまうので、外壁が痛みさらにその奥の構造躯体にまで痛みを広げることになります。塗装がはげてしまうと中の材料が痛むのに時間がかからないので、家そのもを傷つけ劣化させることに繋がります。

 また外壁を塗り替えることによって、塗料の種類によっては、表面に特別な機能を付与することができます。防水、防錆、防カビ、防虫、抗菌といった機能です。これの機能を持つ塗料を使用して外壁塗装を行うことでより快適な住まいを実現することができます。外壁を塗り替えるにはそれ相応の手間と費用がかかりますが、メリットも多いと言えます。

外壁塗装業者は 選んでもらう というのが新常識です。
自力で選ぼうとすると 悪徳外壁塗装業者 に引っ掛かるかもしれません。
自分で選ぶことは もはや時代遅れ なのです。

外壁塗装駆け込み寺

 この企業は自宅など、家の外壁塗装をしようとするときに、代わりに見積もりを取ってくれる企業です。インターネットで依頼でき、500社ある内から、依頼主の条件にあった業者を3社選んでくれます。それぞれ一括で見積りを出してくれるので、依頼主はそこから選ぶことができます。

 自分で選ぶよりも、かなり安くできますし、見積りを出してくれるだけではなく、この企業は業者と依頼主の間に第三者として仲介してくれるので、いろいろと安心です。

 駆け込み寺で外壁塗装の相談をする!

※必要事項を入力後、無料診断をする!をクリックすると見積もりシミュレーションが表示され、営業時間内であれば1時間以内を目安に駆け込み寺さんから電話がかかってきます(営業時間外なら翌営業日)。そこで外壁の状態や不安なことを相談すると良いと思います。駆け込み寺の専門スタッフの意見を参考にした上で、外壁塗装業者に見積もりをしてもらうかどうかを考えてください^^



自分で探したい方へ

 どうしても自分で探したいという方はこちらからどうぞ。新潟県にある外壁塗装に関連した会社をたったの5社だけですが、ネット検索してピックアップしてみました。当サイトがオススメしているというわけではなく、16年1月末時点で検索でヒットした業者さんを紹介しているだけです。

会社名 株式会社ヨシカワ
住所 新潟県新潟市西区山田2307-336
ホームページ http://palette.blogdehp.ne.jp/
一言メモ 不定期という事ですが塗装教室が開催されたり、自分で塗り替えたい場合に必要な足場や高圧洗浄機、ヘルプ職人のレンタルなども受け付けているというのが便利だと思います。
会社名 遠藤板金工業有限会社
住所 新潟県三条市曲渕2-14-11
ホームページ http://www.endogumi.com/
一言メモ 「施工現場実況中継」などのブログがいくつか掲載されていて、職人さん目線での現場の状況や施工事例が良くわかり、とても参考になります。
会社名 有限会社スキル
住所 新潟県新潟市中央区山二ツ3丁目7-12
ホームページ http://www.skill-h.co.jp/
一言メモ 冬の時期限定の「冬割プラン」があり、保証内容や施工工程、仕上がりまで他の時期と変わらない条件なのに費用が安くなるというのが良いと思いました。
会社名 有限会社 小野塚塗装
住所 新潟県長岡市下山6丁目809
ホームページ http://www.onozuka-tosou.co.jp/
一言メモ 施工の豆知識として、塗料の固さについて説明されています。ビルやマンションの塗り替えは20~30年の耐久性が必要である為にとても固く高価な塗料が使われている事など、参考になります。
会社名 勝見興業 株式会社
住所 新潟県新潟市中央区西堀通3-258-28
ホームページ http://www.tosou-katsumi.com/
一言メモ 遮熱効果が高く、建物内の温度上昇を防ぐことができる「アレスクール」という塗料について特に詳しく掲載されています。他にも、シリコンやフッ素などの塗料の耐用年数や特徴を知ることができます。

探しきれないと感じた方はこちら

 ここまででたったの5社なんですが、新潟にはもっとたくさんの外壁塗装を取り扱っている工務店やリフォーム業者があります。他にも良いところがあるかもしれませんし、お安いところがあるかもしれません。やっぱり探しきれない・・・っと、感じた方は外壁塗装駆け込み寺さんに一度相談してみてはいかがでしょう??。

 匿名で相談してみる!
Page top icon